2018年7月20日 石川県工業試験所で鋳込み成形用酸化白色ハイ土に開発研究の発表会がありました。

九谷焼は生地に色絵をしていきます。

生地はお化粧前の形があるものだけを指します。

この生地を製造するのが一般的に窯元といわれます。

その材料となりますのが陶石で白色度によりグレードもあることを学びました。

石川県には花坂陶石と河合陶石の2つです。

複雑な形や均一性が求められる生地は石膏型や鋳込み成形で作りますがここでも

陶磁器用粘土の開発には九谷焼技術センターの皆様は苦労されているようです。

全国には多国籍の粘土でオリジナル焼き物を製作されている努力家の方もたくさんおいでますが、360年の歴史がある九谷焼を業界全体で盛上げられるとよいですね。


石川県で親切な接客の九谷焼急須専門店酒井百華園のブログ

九谷百華園のブログです。九谷焼の急須を専門に海外への贈答品、ご自身へのプレゼント等、どんな九谷焼の相談にも対応いたします。 お気軽にお問い合わせください。 TEL:0761-57-0044

0コメント

  • 1000 / 1000